スルスル酵素で下痢になった場合の原因と対処法について

スルスル酵素 下痢

スルスル酵素を飲み始めてから、下痢になってしまった…という方もいらっしゃるようです。

 

これってもしかしてスルスル酵素の副作用??

 

スルスル酵素で下痢になってしまった原因と、その対処法についてご紹介します。

スルスル酵素で下痢になる原因

乳酸菌

スルスル酵素を飲んで下痢になった場合、それはスルスル酵素に含まれている乳酸菌が関係しています。

 

スルスル酵素は1粒に500億個に乳酸菌が配合されているので、この乳酸菌が腸内で活発に動き、腸の動きがよくなりすぎたせいで下痢になってしまった可能性が高いです。

 

もともと善玉菌が豊富で便秘に悩んでいない方の場合、スルスル酵素に含まれている乳酸菌を足すことで善玉菌の量が過剰になりお腹が緩くなってしまう可能性が考えられます。

 

善玉菌が豊富な生まれたての赤ちゃんは柔らかい便をしています。それと同じ状態です。

スルスル酵素で下痢になってしまった時の対処法

スルスル酵素で下痢になってしまった場合は、一旦飲むのを辞める、もしくは1日に飲む量を減らしてみてください。

 

例えば1日2粒ずつ飲んでいたのであれば1日1粒、もしくは2日に1回のペース等で飲むようにすると過剰摂取にはなりません。

 

また食事の中に食物繊維を増やしてみてください。下痢になってしまう原因には便を材料がないために形がない下痢になってしまっている可能性があります。

 

自分のお腹にはどの程度の乳酸菌がベストの量なのかを知ることが大切です。もともと便秘体質ではなくお通じが良い方は様子を見るために少量から飲み始めてみてください。

 

スルスル酵素を実際に飲んだ口コミと効果(結果)はこちら